すぎもと眼科

安芸市本町の眼科 すぎもと眼科

〒784-0004 高知県安芸市本町2-4-3
TEL 0887-35-2328

※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

よくある質問

往診している、と聞きましたが、どうすればしてもらえますか。

基本的には寝たきりなどの理由から著しく通院が困難になってしまった、当院にかかったことのある方を対象にしています。家があまり遠方ですと往診が難しくなります。また、病院や老健施設などにおられる方は、往診を受けることができないことがあります。病院や施設の担当者にお尋ねください。

~流れ~
まず、ご家族と日程を相談(直接あるいは電話でも可)いたします。往診終了後、ご家族に当院に来ていただき、薬の処方および会計をいたします。

~料金~
検査料、薬剤料は来院受診と変わりありません。往診料がかかりますが保険診療に含まれます。

 

糖尿病で内科にかかっています。「眼科で目を見てもらってきなさい」と言われました。どんなことをするのですか。

内科の先生は糖尿病網膜症(目の底に出血や白斑がでる)がないかどうかを心配されているのでしょう。初期では自覚症状がまったくないので眼科で検査をする必要があります。
まず、問診(糖尿病がいつわかったか、どんな治療をしているか、コントロールの状況、ほかにどんな薬をのんでいるかなど。糖尿病手帳があるとわかりやすいですね。)、視力、眼圧検査などの一般的な検査と診察になります。
糖尿病網膜症を診るのに必要な検査は眼底検査です。この検査は瞳孔から目の奥の眼底をのぞき、網膜や視神経、血管の状態などを調べる検査です。瞳孔を広げる目薬を点眼した後に行います。まぶしく感じるものの、痛みはない検査です。見えにくさが4~5時間続きますので、ご自分では自動車の運転はせずに来院ください。

 

ボツリヌス療法ってなんですか。

眼瞼けいれん(自分の意思に関係なく、まぶたがけいれんし、目があけにくくなる病気)や片側顔面けいれん(自分の意思に関係なく、片側のお顔の筋肉がぴくぴくする病気)に対する治療法です。
緊張している筋肉にボツリヌストキシン(ボトックス(R))を注射して筋肉の緊張を和らげます。
くすりの効果はおよそ3~4ヶ月です。効果の期間には個人差がありますので、症状をみながら治療を行います。薬の利きすぎで、目が閉じにくくなったり、まぶたが下がったり、涙が出る、などの副作用が起こることがありますが、一時的なものです。

 

「結膜下出血で放っておいても大丈夫」と言われましたが心配です。

結膜下出血とは、結膜の下の小さい血管が破れて出血したもので、白目がべったりと赤く染まります。少し違和感はありますが痛みなどはなく、他人に言われて初めて気がつくことが多いのも特徴です。
原因は何もないことがほとんどで、思い当たることがなくても出血はします。もちろん、こすったりしてもおこりますが、出血が目の中まで影響することはなく、視力が下がることもないので心配はありません。
出血は1週間前後で自然に吸収されてきます。なかには出血量が多く吸収するのに数ヶ月かかることもあります。それでも、だんだん吸収されるので、ほとんどの場合心配ありません。
もし出血のほかに、目やに、かゆみ、涙が出る、目をぶつけた、などがある場合はその治療が必要になってきますので、症状をお話ください。

 

明るいところや白い壁、青い空などを見ると黒い虫みたいなものが飛んでいるように見えることがあります。なにか病気でしょうか。

「蚊」「ゴミ」「糸くず」「ハエ」「けむり」などと表現する人もいます。本当はいないのに「蚊」が「飛」んで見えるから「飛蚊症」と言います。目を動かすと一緒に動き、まばたきしても消えず、暗いところでは気にならなくなりますが、うっとおしいですよね。
症状が出始めるピークは20代後半から30代と50代。実はこの症状、「老化現象の始まり」の一つなのです。浮遊物の正体は、眼球の中に詰まっているゼリー状の透明な物質『硝子体(しょうしたい)』に生じる濁りです。明るいところを見たときにその濁りの影が網膜に映り、目の動きとともに揺れ動き、虫やゴミに見えたりします。近視の人や目の大きい人は早期からおこりやすかったりします。
でも、飛蚊症だからと自己判断で放置しないでください。危険な病気を知らせるサインの場合もあります。例えば、網膜に穴が開く『網膜裂孔』、はがれてしまう『網膜剥離』では飛蚊症が現れることがあります。この場合進行すると手術でも視力が取り戻せない可能性があります。目をぶつけたときには要注意!衝撃で網膜が剥がれ、浮遊物が現れることが多いのです。出血を起こして飛蚊症のように見えることもあります。
老化か病気か。これを見極めるのは自分では不可能ですが、眼科で「散瞳検査」をすればすぐわかります。瞳を開く目薬をさし、眼底検査をします。1時間程度で済みますが、検査終了後も目薬の効果が続き、ピントが合わない状態が4~5時間続くので車の運転は危険です。ご自分では運転せずに来院ください。半日仕事になってしまいますが、一度は検査を受けることをおすすめします。

 

水道水で目を洗うと気持ちがいいので、目を洗ってもいいですか。市販の目を洗う薬は使ってもいいですか。

結論から言うと、「気持ちがいい」ので目を洗うのはお勧めしません。市販の目を洗うお薬も一緒です。
そもそも涙には、『目の表面を外界から守り、乾燥を防ぐ。角膜に酸素や栄養を届ける。目が鮮明な像を結べるように角膜表面を滑らかにし、透明性を保つ。ばい菌などの侵入や感染を防ぐ。ゴミやほこりを洗い流す。』という働きが備わっています。ごみやほこりが入った場合に水道水で流すことは有効ですが、よい成分の入った涙は必要以上に洗い流さないほうがいいのです。
さらに市販の洗眼薬には防腐剤が配合されており、アレルギーを起こすことがあります。むやみに使用することは避けましょう。